楽に出来るふくらはぎ痩せの方法


ふくらはぎやせを簡単に成功させる方法があります。

ふくらはぎの筋力を自然な柔らかさに、またその収縮力を
十分に整えることです。

ふくらはぎは第二の心臓といわれていて下半身に
循環してきた血液を元の心臓まで戻す
いわゆるポンプの役目を担っています。

その時、ふくらはぎの筋肉の収縮力が影響してきます。
筋肉の収縮力が十分であれば血流やリンパの流れは順調で
そのポンプの役目は十分果たせますし、
ふくらはぎがむくんで太く見える事もありません。

では、ふくらはぎの筋力の自然な柔軟性を促すためには
どうしたら良いのでしょう。

理想的なふくらはぎは、温かくて、やわらかく
弾力性があります。

しかし、冷えや疲労など体調の良くない時には、ふくらはぎは
固くこわばってきます。

これは、大またで歩いたり、早歩きなどをして筋肉を
よく動かしたりすると段々と解れてきます。

また、自分の手で、ふくらはぎマッサージをすることによって、
血流とリンパの流れが自然と良くなり、むくみがとれて
ふくらはぎがスッキリします。

この2つの方法を日頃から試してみる事で、今までむくみで
脚がだるかったり疲れたりしていたものが、改善されてきます。

ふくらはぎは第二の心臓といわれているくらいですから、
血流を促すポンプの働きが良くなるよう、
ふくらはぎの筋肉を整える必要があるのです。

また、ふくらはぎマッサージは自律神経の働きも調節したり、
心肺機能の向上にも効果的です。

全身の血行をよくしたり、さまざまな病気の予防と改善にも
効果があり、医療の分野からも注目されています。

ふくらはぎ痩せだけでなく、いろんな病気にも効果があるなんて、
一石二鳥ですね。


posted by 下半身ダイエットで、美脚を目指せ!  at | ダイエット足首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ふくらはぎダイエット 痩せない理由は...。


ふくらはぎを細くしたいのに何故痩せないのでしょう。
痩せない原因は一つではなく、いくつかの要因が関係してくるのです。

ふくらはぎが太くなる原因は、過剰な脂肪の蓄積とかむくみ、
そして筋肉のバランスが取れていないのが原因のようです。

過剰な脂肪の蓄積はその人の食生活が原因になりますし、
むくみは冷え性による代謝が悪く水分で膨らんでいることが原因になります。

そして運動をする習慣がないと筋肉の量が少なくバランスが取れません。
まず、自分のふくらはぎが太い原因をチェックして、
その原因に対処したダイエット法を行うようにしましょう。

筋肉のバランスが取れていないのが原因の場合は、
有酸素運動によるウォーキングをすることによって解決されるでしょう。

原因が脂肪過多による場合は、食生活を改善するとともに、
筋肉を収縮して脂肪燃焼を促すストレッチをするのが効果があります。

冷え性体質で脚のリンパの流れが悪く老廃物が溜ってむくみ、
水がたまりやすい状態になっているのならば、
ふくらはぎを手でマッサージしたり、やさしくさすったりして
リンパの流れを良くすることで改善されますよ。

この時、サランラップの芯などでふくらはぎの部分を足首から膝に向かって
こすり上げるとマッサージと同じ効果があります。

又、ふくらはぎの脂肪を取りたい場合は、ふくらはぎの
脂肪吸引という手術もあります。

これは専門家の技術と知識が必要になってきますので、
病院とかで相談されるのが良いです。

ふくらはぎの理想のサイズは、(身長(cm)×0.2=)
の数式で計算出来ますよ。


posted by 下半身ダイエットで、美脚を目指せ!  at | ダイエットふくらはぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


FX取引
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。