下半身ダイエット成功法 ピラティス


2005年に、日本ではピラティス が大ブレイクしました。
ヨガや太極拳などの基本のパーツを取り入れたピラティス、
1900年初頭にドイツ人ジョセフ・H・ピラティス氏によって
考案されました。

もともとは第一次世界大戦の負傷兵のリハビリテーションのための
フィットネスプログラムでした。

呼吸法を活用しながら、主に体の奥にある深層筋(インナーマッスル)
をゆるやかに鍛えます。

今回太もも&ふくらはぎやせに効果的なピラティスの
エクササイズの説明をされているサイトを紹介します。

ピラティスの場合「深く息を吸って、息を吐きながら行う」のが基本。
この呼吸法は、筋肉を引き締めると伴に内臓を強化するので
代謝アップにもつながるということです。
代謝アップはダイエットの基本ですね。

狙いは、普段使うことのない骨盤底筋など、コアの筋肉を意識すること。
息を吸いながら背骨を伸ばし、自分の体が大きくなるイメージで
行うのがポイントです。

ピラティス、はつねに体の中を動かしていて胸式呼吸です。
その呼吸法の違いにより、ヨガとは身体の使い方が大きく異ってきます。

実は私も太極拳愛好家なのですが、常に体の中の筋肉を特に意識して
動かしているというのは太極拳の基本と似ている気がします。

ピラティスで下半身ダイエットのエクササイズはこちらのサイトで
紹介されてます。

太もも&美脚ピラティス    http://allabout.co.jp/gm/gc/23658/
初心者向けお薦めピラティス  http://allabout.co.jp/gm/gc/18966/ 

posted by 下半身ダイエットで、美脚を目指せ!  at | ダイエット足首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分で出来る簡単太ももダイエット法


太ももは脂肪のつきやすいところです。
エステに通うのもいいですが、手前で出来るエクササイズは、
経済的にも時間的にも魅力です。

しかし自宅で自分ひとりで行うダイエットはとかく挫折しやすいです。

自宅でできる効果的なエクササイズは、やっぱりできるだけ
簡単な方法で毎日無理なく続けられるものがいいと思います。

そこで、簡単に続けられる太ももダイエットのエクササイズを
紹介したいと思います。

イスや机を支えに、片脚だけを十数センチ上げて
上げたほうの脚を小刻みに揺らします。

時間にして10秒〜20秒ぐらいが適当です。
次にもう片方の脚を上げて同じようにします。

電動マッサージのバイブと同じ振動が得られます。
自分でできるブルブルマッサージ法ですね。

このエクササイズは、1回に2〜3分ぐらいやるのがいいです。

脚全体を小刻みに揺らすことは、実は全身の疲労回復にも
とても良い方法なんですよ。
基本的に、肉は揺らせば落ちるので太ももダイエットの成果はアップします

また、テレビ見ながら、サランラップの芯を使ってゴロゴロマッサージをします。

太ももや脚全体が太くなる原因は、足をちゃんと閉じて座っていないからだ
という見方もあります。

〜自然に脚が開いてしまう...〜
これは、内ももにある”内転筋”という筋肉が衰えているからなのです。
内転筋は、足を閉じたり、足を外側に回す時に使われる筋肉です。

股関節をそとまわしにして脚を閉じる訓練をして内転筋を正しく鍛えると、
太ももダイエットだけでなく脚全体がほっそりとして美脚になります。

posted by 下半身ダイエットで、美脚を目指せ!  at | ダイエット 太もも.大腿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


FX取引
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。